ぼく、まっさん

世界一周クルーズエンターテイメントスタッフを目指すまっさんの雑記です。

離れたくない。君と。

f:id:keita1711:20191208201202j:plain

ピピピ!ピピピ!

もう朝か。

クリスマスも近づき、枯れ葉が目立つ季節になった。ハッキリしない意識のまま、鳴り響く目覚ましをまた五分後に設定する。頼まれたから起こすのに、いつも憎まれ役になるこいつに少しだけ同情しつつも、寒いし眠いのは仕方ない。

築年数が50年を越えるこの部屋は、室内で吐いた息が白い位には底冷える。25000で借りた六畳一間。その日暮らしの生活をする僕には、恵まれた住まいだ。

ベッドの上には、僕と君。生まれも育ちも全く違う僕達が、ベッドの上ではひとつになる。二人の境界がなくなって、一つになる瞬間が嬉しくて。毎晩共に過ごす度に、こんな世界に生まれてよかったと心から思う。

私がいないと、ホントにダメなんだから。

君から、そう言われた気がした。そうだな。僕はダメな男だ。君がいないと、夜眠ることさえできないんだから。

ピピピ!ピピピ!

2度目のタイマーが鳴り響く音。流石にそろそろ起きないと、遅刻してしまう。

ドタバタと朝の準備を済ませ、足早に玄関へと向かう。寂しそうな君に

(また今日も、戻ってくるから)

と心の中で告げて、今日もまた会社に向かう。そう、全ては、君との夜のため。

行ってきます。

オフトゥン。

f:id:keita1711:20191208181906j:plain