ぼく、まっさん

世界一周クルーズエンターテイメントスタッフを目指すまっさんの雑記です。

大学を辞めてユーチューバー目指す愚か者に絶対伝えたい3つのこと

 

これからはユーチューバーの時代だ!大学を辞めて、ユーチューバーで生きて行くぜ!

 

こう考える若者は、今後も増えると思う。僕もこの考えでYouTuberを始めました。

テレビやネットで毎日見る、好きなことで生きているユーチューバー達。一般人から大舞台へ成り上がったサクセスストーリーは、この不景気な世の中で若者へ希望を与える。

 

でも、みんながユーチューバーを目指して成功できるだろうか?答えはNOだ。

 

少なくともYouTuberを始める為に大学を辞めるのは、YouTuberを2年始めて一円も稼げてない僕には、到底オススメできない。

 

特に「大学を辞める!」と言う人間に限って、動画を10本しか投稿せずに大学を辞めようとします。無謀すぎる。

 

大学を辞めるか考える時、まず

 

「大卒のメリットを失っても自分を貫く覚悟があるか」

セーフティネットを自分で作れるか」

「今の日常を捨てれるか」

 

この三つは考えてください。

 

1メリットを失ってでも自分を貫く覚悟があるか

 

学生時代は分からないけど、日本の大学生、会社員は本当に恵まれている。

 

企業のインターンに参加して、社会を学べる(大学生しかできない)

大卒というだけで信用される(宿無し、金無し、仕事無しでも2ヶ月宿をもらえた)

会社員は、毎月安定した給料が出る。加えてボーナスも支給される。

会社員は税金など、面倒な手続きを会社がやってくれる

やはり就職しようと思った時、「大卒」を募集する所に応募できる

 

この五つ以外にも、書き切れないほどメリットがあります。

 

多くの企業が「大卒」を採用基準にしています。なのでYouTuberがダメだった時「大卒」の資格がないと、人生のやり直しが効きません。

 

高卒でも就職できますが、募集時に

「大学中退」「社会人経験なし」

なんて人間を雇いたいと思いますか?僕は思わない。

 

僕は当時、そのメリットを知らず

 

「YouTuber始めるから大学を辞めたい」

と親に伝えました。すると

 

「それなら4年分の学費と仕送り、一人暮らしの家賃を全て払ってね」

と言われ(600万円)、それはきついのでちゃんと卒業しました。

 

結果、今とても助かっています。バイトの面接も受かるし、周りの人も

 

「大学を卒業してまでやりたいなんて、信念があって素晴らしい」

と言ってくれます。これが、大学を卒業していないと

 

「大学も卒業できず、いい年になってもフラフラしてるなんて。中途半端な人」

という評価に。大学を辞め状況し、そう評価された人間を山ほど見ました。

 

もしあの時辞めてたらと考えると本当に恐ろしい。無名な凡人の「大卒」は、自分を証明してくれる価値ある資格です。忘れないように。

 

また、生半可な覚悟では務まりません。

 

収入が入るまでの生活費

機材費用(カメラ、パソコンなど)

社会人スキル(企業案件で必須)

昔からの友達や親に馬鹿にされても踏ん張れるか

自分のベスト動画に「つまらない」「まじできもい」とコメントがついても、気にせず動画を更新できるか

 

こんなことが山のように出てくる。

 

それと対峙する覚悟はありますか?

 

セーフティネットを作れるか

 

どれだけ頑張っても、失敗するかもしれない。それがユーチューバーです。そんな時必要なのはセーフティネット

 

ちなみに僕のセーフティネット

 

「長期インターンで社会人基礎力を習得」 

国公立大学卒業」

「4年の居酒屋バイトで培った、出会って5秒でお客さんに好かれるコミュ力

 

です。もし失敗しても、絶対に営業か接客業で正社員になれる。その自信があった。

 

これがあって、初めてユーチューバーを目指しました。地元の先輩に「チャレンジングな人生を送るね」と言われますが、全然チャレンジしてません。たくさん保険を作りました。

 

これだけ慎重になったのは、どうしても「闇落ち」したくなかったから。

 

世の中には「借金返せなくてホームレス」とか「仕事ができず、10年間引きこもって生活」「50歳で親のスネかじり」といった、光の当たらない「闇側」の人間がたくさんいます。

 どう生きるかは自由だけど、僕はそうなりたくない。だからたくさん保険を作りました。

 

3 何を捨てれるか

 

大学辞めて始めるなら、「年中無休で1日12時間」やる覚悟が大切です。

 

始めた瞬間から、僕達は1クリエイター。僕の「5分」も、HIKAKINの「5分」も、視聴者にとって同じ「5分」。あなたが頑張っているかは関係なく、「面白い」かどうかで判断される。

 

なので、何を捨ててでも成功させる覚悟が大切です。

僕は「中途半端な友達」「中途半端な先輩」「遊び」「気の乗らない飲み会」「ゲーム」を捨てました。

 

たまに、毎日パズドラ2時間やって「ユーチューバーになる」なんてやついるけど、甘すぎる。そんな簡単になれるなら世の中皆ユーチューバーです。

 

ちなみに皆さん、禁断ボーイズをご存知ですか?登録者190万人のYouTuberです。

一時期過激な動画で話題になり、テレビ出演もしました。彼らですら今はオワコンと呼ばれ、当時400~500万再生されていた動画も今では10万再生ほど。

 

登録者190万人でも、2年もたたず飽きられる。そんな世界です、YouTube

 

そうならない為にも、大学はきちんと卒業しよう。

 

最後に

 

ちょっと厳しいことを書きました。

 

僕は基本的に、やりたいことに挑戦すれば良いと思います。ですが大学を辞めるという選択は、今の日本ではリスクが大きい。

 

もし今YouTubeを始めるために大学を辞めようとしているなら、まずは「大学に通いながらやる道はないか」を充分に考えてください。

 

僕自身、大学卒業して就職せずにYouTube始めました。思い返せば、映像会社に入ってからYouTuber目指すとか、web業界で働いてから目指すとか「もっと良い選択肢あったよな」と思う日がたくさんあります。ですが最低限「大卒」という資格があるおかげで、今不自由なく生活できてます。

 

安易な夢に釣られて、人生を狂わせる人が出てこないよう祈ります。

 

 

以上!